【天皇賞春 予想】キズナもゴールドシップもいらない。 | 重賞レースを毎週予想する競馬予想ブログ「KEIBALOG」

重賞レースを毎週予想する競馬予想ブログ「KEIBALOG」

当サイトは無料で重賞レースの予想を公開している競馬予想ブログです。

【天皇賞春 予想】キズナもゴールドシップもいらない。

キズナゴールドシップ

5/3(日)はいよいよ天皇賞・春が開催される。今年はダービー馬のキズナや、GⅠ5勝のゴールドシップ、天皇賞春2連覇のフェノーメノといった猛者達が揃っている。名前だけ聞くと豪華な顔ぶれだが舞台は京都の3200mで長距離王者の決定戦だ。よく考えればこの舞台にふさわしくない馬も多いということがわかってくる。

まずはキズナ。昨年の天皇賞春では4着に敗れ、直後に骨折が判明し約9ヶ月の休養を余儀なくされた。そしてついに今年の2月に京都記念(GⅡ)で復帰戦をむかえる。骨折明け緒戦は20kg以上の馬体増で昔のようなキレは見れなかったが3着に健闘し、まずまずな内容だった。続く2戦目は大阪杯(GⅡ)で2着に入着。ここでは不良馬場に泣き、より適正の強かったラキシスに2馬身も離されて負けている。復帰からなかなか1勝を取れずにいるのでそろそろ勝ちたいところだろう。

天皇賞春におけるキズナの不安材料は間違いなく距離だろう。息の長い末脚と掛からない気性が最大の長所とも言えるキズナだが、果たして3200mという距離でその持ち味を上手く使えるのだろうか?距離以外にも考えられる不安材料はいくらでもある。本来の調子には戻ってきているのだろうか?馬にとって一番成長期であり充実期である4歳を棒にふってしまったことで周りの馬に抜き去られてしまったのだろうか?どちらにせよ、叩き3戦目の今回で変わり身が見られなければいよいよキズナも今後が厳しいと思われる。

次は関西の暴れ馬ゴールドシップ。この馬は阪神と中山にめっぽう強い極端な馬だ。昨年の天皇賞春にも出走したが結果は7着で凡走している。阪神大賞典(阪神芝3000m)を3連覇していたり、菊花賞(京都芝3000m)を勝っているので距離的には全く問題ないはずなのだが、気性面での問題や適正が極端にレースの結果に出る傾向にあるので、この馬の得意・不得意をキチンと理解しておく必要がある。阪神での成績は【6-1-0-0】、中山での成績は【2-0-2-1】、京都での成績は【1-0-0-3】というデータを見ると今回の天皇賞春の舞台となる京都では全く走らない馬であることがわかる。
さらに言えばゴールドシップは稍・重の馬場が得意である。今週の京都は晴れが続き、週末はパンパンの良馬場となる見込みが高い。正直言ってプラスな面がほとんど無いので今回はつべこべ言わずに切った方が楽そうだ。

天皇賞春を2連覇しているフェノーメノは、今年3連覇がかかっている。しかし、去年のレースもギリギリ勝てたという印象だし、何より近走の成績がひどいので不安が残る。去年は天皇賞春しか勝っておらず、それ以外は掲示板にすら入っていない。フェノーメノも6歳になりそろそろ衰えを隠せなくなってきたのだろう。天皇賞春にめっぽう強い馬なのでこれまでのレースよりは期待ができるがさすがに軸にしようとは思わない。

もっと詳しく有力馬の情報が知りたいという人は、当サイトで紹介している無料のメールマガジン「3連単1点勝負」に登録してみよう。メールアドレスの登録をすると天皇賞春の有力な情報や当日の3連単の買い目予想が読める(フリーメール可)。気になる人は下記リンクから登録してみよう。

記事が面白かった!と思う人はぜひSNSでシェアしてくださいm(__)m

さらにブログランキングの応援クリックもしていただけると幸いですm(__)m

コメントエリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です